AMACHA

自然、映画、本、美術など

フェルメール展@上野の森美術館

フェルメール展に行きました。

結論から言うと、フェルメールの絵画、とてもよかったです!!

 

世界に35作品しかないというフェルメール作品のうち、8点(日程により9点)が展示されています。フェルメールのほかに同時代のオランダの絵画が多数ありました。

 

久しぶりにフェルメールくらいの時代の絵画を観覧しましたが、なめてた…いいね…

まず、美しいですよね。

そして、昔の暮らしを知るのもとても楽しい。

今回の展覧会は、解説が充実していたので、無教養な私でも楽しめました。

 

フェルメール真珠の首飾りの女と手紙を書く女は、ふたりとも同じ黄色の服を着ていてるのだけど、フェルメールに影響を受けたという他の作家の作品にも同じ服を着てる人が出てきます。

パクリ?笑 おもしろかったです。

 

フェルメールや同時代の作家の作品の中に、人物とともに絵画や本などが描かれているんだけど、それらにもちゃんと意味があるのだそう。例えば、楽器は恋心を、嵐の海は荒れるような恋心を、描いてるんだって。(恋心ばっかり笑)

昔の人にとって、絵画はいろんな意味を持っていたんだろうね。そこにあるストーリを感じさせるから、リアルな映画だったり演劇だったり…マンガみたいな意味もあるのかな。

 

しかし、前売りで2500円、石原さとみちゃんの音声ガイド付きとはいえ、高いね〜!

全ての作品の解説がついた小冊子も頂きました。

 

上野の森美術館は、やっぱり狭いよね。

人気のフェルメール、時間制限しているのに人だらけで、なかなかストレスでした。会場が狭くて作品が少ないからまだましだったけど。

あと、会場出るまでトイレがないのね…

長くいようにもいられないじゃん…

トイレは途中に設けて欲しかったなあ…

 

図録も強気の3000円…

購入しなかったけど、解説も充実していて良さそうでしたよ。